このページの本文へ

電気が流れているケーブルを判別できる、市販ペンチに装着可能なセンサー

2018年03月23日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 市販の切断工具に取り付けられる、三和電気計器の活線センサー「KDP10」が東映無線ラジオデパート店にて店頭販売中。販売価格は5980円だ。

手持ちのペンチが電気が流れているケーブルを検知できるようになる、着脱式のセンサーが販売中だ

 電気が流れている状態の、いわゆる活線ケーブルの誤切断を防ぐことができる活線センサー。三和電気計器と関電工が共同開発した製品で、活線ケーブルを自動検知して警告してくれる。市販のペンチやニッパーに取り付けることができる、脱着式のワイヤレスセンサーだ。

 活線ケーブルの電界と人体の電位差を利用して検知する仕組み。万が一活線ケーブルを切断しそうになった場合は、センサーがブザーとLEDライトで活線を警告する。

切断工具に後から取り付け可能という、珍しいモデル。いざという時は、ブザーとLEDで警告してくれる

 約AC60~600V、50Hz/60Hzの商用電源における被膜ケーブル(非シールド)に対応。本体に備えるボリュームで感度の調節が可能で、手袋を使用した状態でも検知できる。LR44電池×2で動作し、電池寿命はスタンバイ状態で約5ヵ月間とされる。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン