このページの本文へ

災害時に避難場所情報を探したり提供したりと重要な機能

企業や団体のFacebookページより「コミュニティヘルプ」への投稿が可能に

2018年02月16日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
企業や団体のFacebookページより「コミュニティヘルプ」への投稿が可能に

 フェイスブック ジャパンは2月16日、企業や団体のFacebookページから災害時の支援情報について「コミュニティヘルプ」に投稿できるようにしたと発表した。

 Facebook上にある「災害支援ハブ」は友達や家族に無事を伝えるほか、災害状況に関する詳しい情報を得たり、シェアや被災地域の復旧を支援したりするために利用されている。2017年2月には「コミュニティヘルプ」機能が追加され、災害時に利用者が必要とする食料や避難場所、移動手段などを探したり情報提供できるようになった。

 しかし「コミュニティヘルプ」機能は、一般の利用者向けのものであり、災害への対応や復興支援において重要な企業・団体が利用できなかった。アップデートにより、被災者が必要とする支援を得るうえで各種企業や団体が情報やサービスを投稿可能となる。米国ではいくつかの団体がすでに利用を開始しており、フェイスブックでは数週間のうちに他の企業・団体のページにも提供を行なうとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン