このページの本文へ

SilverStone「SST-TP02-M2」

SilverStoneから二層構造のM.2 SSD用ヒートシンクが登場

2018年01月17日 22時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneから、M.2 SSD用ヒートシンク「SST-TP02-M2」が登場した。パソコンショップアークで販売中だ。

SilverStoneのM.2 SSD用ヒートシンク「SST-TP02-M2」

 アルミニウム製素材のヒートシンクはサイズ70(W)×20(D)×10(H)mm。二層構造で熱伝導性は1.5W/m.kとされている。またサーマルパッドはヒートシンク用のブルーパッドのほか、両面と片面用グレーパッドの計3種類がつく。そのほか、取り付けは付属のシリコンバンドを利用するため、SSD本体を傷つける心配もない。

本体は二層構造で厚み10mm。サーマルパッドは計3種類がつく

 なお、SilverStoneのテスト結果によると、SSDの温度を最大で64度に抑えているとのこと。価格は1490円となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中