このページの本文へ

編集部ピックアップの人気SIMフリースマホ全紹介! 【2018年初頭版】 第2回

ファーウェイ/ASUS/モトローラの3社に、おサイフや防水対応のモデルも

デュアルカメラ搭載機に国内メーカー端末も 人気SIMフリースマホ全紹介 【3~4万円台編】

2018年01月08日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

前年モデルになったが、価格は3万円強になりお買い得に
ASUS「ZenFone 3」

 ZenFone 4が登場したため、前年モデルになってしまったが、まだまだ人気&スペック的にも通用するのが「ZenFone 3」だ。OSのAndroid 7.0へのアップデートも提供されており、実売価格は3万円強あたりに下がってきている。

 デザイン的には前面/背面ともに2.5D加工のGorilla Glass 3を採用。側面のメタルフレームは丸みを帯びており、持ちやすさが印象的。

ZenFone 3は5.2型と5.5型の2モデルがあるので要注意

背面はガラス素材。同心円の模様はあまり目立たない

 性能も今でもミドルハイクラスの標準的なレベルと言えるもので、オクタコアのSnapdragon 625、3GBメモリー、32GBストレージ、2650mAhバッテリーなど。カメラは16メガのソニー製センサーを採用。レーザーAF/位相差AFの組み合わせで高速AFを実現する。

 ネットワーク面では4G+3GのDSDSに対応。さらにau VoLTEも利用可能で、au MVNOを含む、多数のMVNOからSIMとのセット販売が行なわれている。カラバリはサファイアブラック、パールホワイト、クリスタルゴールドの3色。

5.2形のZenFone 3は発売当初から新色が加わって3色に

「ZenFone 3」には大型の5.5型モデルもあり
スペック的には5.2型のZenFone 3とほぼ同じ

 5.2型モデルのZenFone 3の発売後に追加された5.5型モデル。当然そのぶん筐体が大きくなっている。基本スペックは5.2型モデルとの共通点が多いが、メモリーとストレージはそれぞれ4GBと64GBに増量されている。

一回り大きな5.5型の無印ZenFone 3

 こちらも価格が4万円を切ってきており、スペックを考えればまだまだ価値がある1台。カラバリはサファイアブラック、パールホワイトの2色。5.2型モデルと同様にAndroid 7.0へのアップデートも行なわれている。

3万円強で5000mAhバッテリー&デュアルカメラ!
ASUS「ZenFone 4 Max Pro」

 ZenFoneシリーズの“Max”が付くモデルは、ミドルクラスのスペックと大容量バッテリーを搭載した、実用性の高い端末として知られている。発売されたばかりの「ZenFone 4 Max Pro」は、その中でもバッテリー容量を含めて、強味がさらに強化された1台だ。

カラバリはネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンクの4色

 ディスプレーはHD解像度(720×1280ドット)の5.5型液晶、SoCはSnapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)とやや見劣りするが、5000mAhという超大容量バッテリーがなによりの魅力。それでいて厚さ8.9mm/重量181gなので、5.5型としては若干大きめのスマホという範囲に収まっている。さらに付属ケーブルを用いれば、他機器を充電するというモバイルバッテリーとしての使い方も可能だ。

 ネットワーク面ではauとY!mobileのVoLTEに対応予定であるほか、DSDS対応については、nanoSIMスロット×2とは別にmicroSDスロットを用意するトリプルスロット仕様である点は大きなメリット。

 価格は税抜2万9800円。ビックカメラ系列店(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)の限定販売モデルだが、同店舗を通じてAmazon.co.jpや楽天などのECサイトでも購入可能だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン