このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

4カ国語対応のスティック型翻訳機

ネット不要 手に持って話すだけのラクチン翻訳端末「ili」の真価は?

2017年12月19日 12時00分更新

文● 中山 智 編集●ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 海外旅行でのハードルのひとつは言葉の問題。ホテルやレストラン、交通機関などで自分の言いたいことをスムーズに伝えられないのはもどかしいだけでなく、トラブルの元にもなりかねません。

 最近はスマートフォンの翻訳アプリも高性能になってきているので、それを使うユーザーも増えてきていますが、音声認識の場合はインターネット接続が必要なものが多く、海外で使うには不便なことも。そんなハードルや不便さを解消してくれるのが、スタンドアローンタイプの翻訳ツール「ili(イリー)」です。

スティック型の翻訳マシン「ili」

「ili」
・ログバー
・発売日 2018年3月
・価格 2万1384円
※12月22日まで特価1万9224円で先行予約受付中。

 iliは日本語から、英語、中国語、韓国語の音声を翻訳してくれるアイテム。使用時にはインターネット接続が不要で、本体にあるボタンを押しながら日本語で話しかけると、設定した言語に翻訳した音声が出力されます。翻訳の方向は日本語からのみで、外国語から日本語への翻訳はできませんが、手のひらに収まるスティックタイプで、重さも43gと軽く持ち運びに便利。ストラップホールもついているので、首からぶら下げておけばすぐに使えます。

手のひらサイズで持ち運びにも便利

ストラップの装着も可能

大きなボタンが翻訳&再生ボタンで、その上にマイクがある

スピーカーは背面に装備

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン