このページの本文へ

希望か? 脅威か? 遺伝子ドライブの農業利用へ 米国の生産者団体が始動

2017年12月18日 05時57分更新

文● Antonio Regalado

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カリフォルニアのサクランボに被害を与える外来種のミバエを、遺伝子ドライブで駆除しようとする計画が持ち上がっている。遺伝子ドライブはいったん野に放たれたら止められなくなる恐れがあり、市民団体からの抗議も考えられるため、関係者たちは慎重に事を進めている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ