このページの本文へ

デザイン性を持たせながらも、エアフローを考慮した排気機能も実装

鎧張りデザイン「雅」シリーズにGTX 1060搭載ミドルタワーPCが登場

2017年12月01日 19時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Miyabi-RJ37-i7K-RNJV」

 ユニットコムは11月30日、鎧張りをモチーフにした外観が特徴の「雅」シリーズで、GeForce GTX 1060を搭載するミドルタワーパソコン「Miyabi-RJ37-i7K-RNJV」の販売を開始した。

 雅シリーズは、日本の伝統建築にみられる鎧張りをモチーフにしたデザインを採用。パネルの1枚1枚に浅い縦溝があり、木材を彷彿とさせる質感を実現。デザイン性を持たせながらも、エアフローを考慮した排気機能も実装している。

 Miyabi-RJ37-i7K-RNJVは、Core i7-8700K(3.7GHz)、GeForce GTX 1060(3GB GDDR5)、Z370チップセット、8GBメモリー、240GB SSD、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は500Wで、80PLUS SILVER認証を取得している。価格は15万6578円。

■関連サイト

カテゴリートップへ