このページの本文へ

筆致から贋作を見破るAI鑑定士、8割の確率で作家も特定

2017年11月24日 06時57分更新

文● Jackie Snow

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米国とオランダの研究者が、線画の筆致を学習することで偽造を見抜くことができる人工知能(AI)システムを開発した。深層再帰型ニューラルネットワークと機械学習アルゴリズムを使うことで、8割の確率で線画の作者を正しく特定できた。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ