このページの本文へ

同社ネットワークを利用のMVNO事業者がマルチキャリア化

ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業でソフトバンク回線の提供開始

2017年10月24日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サービス提供イメージ

 ソニーネットワークコミュニケーションズは10月24日、マルチキャリアMVNE事業者としてソフトバンク回線の提供を開始した。

 同社のネットワークとソフトバンクのネットワーク間でレイヤー接続を完了したことによるMVNE事業で、従来のNTTドコモ回線に加えてソフトバンク回線の利用が可能になる。

 これにより、ソニーネットワークコミュニケーションズと連携するMVNO事業者は、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhoneやiPadでも利用可能なSIMカードの提供、ソフトバンクのOTA機能を利用することで店頭即日開通やユーザー自身によるMNP開通作業といったサービスが提供可能となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン