このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

両国国技館に「アペルタ」登場 フェラーリ70周年イベント写真レポ

2017年10月14日 15時00分更新

文● 佐藤ポン 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 70周年を迎えたフェラーリが、10月12日に70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」プレスカンファレンスを開催した。このイベントは2017年3月12日から世界各国で行なわれているイベントの日本版。すでにヨーロッパやアジアで開催されており、10月12日に日本上陸を果たした。

 日本での70周年記念イベントの会場は、なんと両国国技館! 真っ赤に装飾された館内は控えめな照明とオシャレなBGMがかかっており、ふだんここで相撲が行なわれているとは思えない雰囲気。世界でもっとも有名な自動車メーカーのひとつフェラーリのカンファレンスは、いったいどんな内容なのだろうか?

 両国国技館に入って暗い通路を進んでいくと、目の前がパッと開けた。吊り屋根の下には土俵をモチーフにしたステージが設営されており、その上にはベールをかぶった車が置いてある。おそらくこれが本日の目玉であるフェラーリ70周年記念モデル「LaFerrari Aperta(ラ・フェラーリ アペルタ)」だろう。

両国国技館の館内は異様な雰囲気

 15時になりイベントがスタートすると、フェラーリ・ジャパン&コリア 代表取締役社長のリノ・デパオリ氏と、続いてフェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏がステージに登場。フェラーリにとって日本市場が重要なことや、フェラーリのこれまでの歴史をスピーチした。

フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏

フェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏

フェラーリの歴史がスライドで紹介された。伝統を重んじるフェラーリと、日本の伝統ある国技“相撲”。そして力強さが特徴のフェラーリと、力強いスポーツ“相撲”。そのような共通点から、この会場を選んだそうだ

 主催者挨拶が終わると、相撲行事(第34代 木村庄之助氏)が登場してイベントの開会宣言。そしてプロモーション映像とともに土俵上の車がアンベールされ、「LaFerrari Aperta」が姿を表した。会場に詰めかけた大勢の記者は一斉に「LaFerrari Aperta」に群がり、貴重な機会を逃すものかと撮影していた。このスーパーカーの注目度の高さが伺えるプレスカンファレンスだった。

第34代 木村庄之助氏が登場し、行司のパフォーマンスが行なわれた

創設70周年を記念して開発された「LaFerrari Aperta」が姿を現わした。12気筒エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドで、総合出力はなんと963馬力!

リノ・デパオリ氏(右)、ディーター・クネヒテル氏(中)、第34代 木村庄之助氏(左)

土俵上でのフォトセッションはかなり珍しい

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ