このページの本文へ

マウス、4K-UHD4画面出力対応 GeForce GTX 1070搭載ノートPC

2017年10月05日 17時30分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは10月5日、「DAIV」シリーズから17.3型ハイエンドノートPC「DAIV-NG7500H1-M2SH5icon」を発売した。価格は31万2984円。

 DAIV-NG7500H1-M2SH5iconは、Core i7-7700HQと、広視野角4K-UHD対応液晶パネル、GeForce GTX 1070を標準搭載したノートPC。

 CPUやグラフィックスパワーを必要とするクリエイティブな作業、リアルタイムエフェクトが必要な映像描写、4K-UHDなどの⾼解像度データの等倍表示が必要なシーンにも対応できる処理性能を持ちあわせているという。

 外部映像出⼒端⼦にHDMIとMini DisplayPort×2を備えるうえ、すべての映像出⼒信号が4K-UHD解像度に対応。内蔵ディスプレーを含め、4画⾯に4K-UHD表示ができる。

 一般的なノートパソコンが処理速度と電⼒消費のバランスを負荷状況に応じて自動制御することでパフォーマンスが流動的に変動させるのに対して、DAIV-NG7500H1-M2SH5iconは「GPU Switch」機能でソフトウェアで映像信号出⼒経路を指定し、状況に関係なく映像信号経路を固定。VRデバイス利用時のパフォーマンス不⾜などを解消してくれるという。

 スペックは以下のとおり。

側面

カテゴリートップへ

マウスコンピューター