このページの本文へ

デイトレーダーなどの多画面ユースに

4画面環境を構築できるモニターアーム

2017年09月15日 14時45分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デイトレなどに最適

 上海問屋は9月15日、モニターアーム「DN-915012」を発売した。価格は9999円。

 液晶モニターを上下左右に4台設置でき、デイトレや監視用などのマルチモニター環境を作れるモデル。対応モニターサイズは13~27インチ、耐荷重は1台8kgで合計32kg。各モニターを取り付けるアームはそれぞれ3つずつの関節を装備し、幅広いサイズのモニターを並べて設置できるという。

 全体の高さ調整は無段階、正面から見た各モニターの角度は上下左右で調整可能。また、モニターごとに縦置き横置きの設置が選択できる。

 取り付けは天板に挟むクランプ式、または天板の穴を利用して取り付けるグロメット式の2パターン。クランプ式の対応天板厚は10~88mm、グロメット式の対応穴直径は8~60mm。ケーブルはアームに沿って、ケーブルフックで固定できる。

 本体サイズは支柱高さが800mm、片側最大幅が363mm。重量は約7.44kg。

3つの関節で自在に調整可能

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ