このページの本文へ

パナソニック、画面の角度を変えられる9型カーナビ「ストラーダ CN-F1XD」を発表

2017年09月04日 22時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは今日4日、オーディオ一体型カーナビゲーション「ストラーダ」の最新モデル「F1X」(CN-F1XD)を発表した。

 「CN-F1XD」は、2DINで9型(HD解像度)の大きさを誇るディスプレーが特徴。前モデル(CN-F1D)から引き続き採用したフローティング構造で、上下や前後、左右など、かなり細かく角度を調整できる「DYNABIG(ダイナビッグ)スイングディスプレイ」を新しく採用した。左右は最大で15度まで角度調整が可能なので、運転席、助手席とも必要なときに傾けてディスプレーを見ることができる。この機構のおかげで取り付け可能な国産車は280車種とのこと(今後増える予定)。

下が2016年発売の前モデル。写真だとわかりにくいが、上のほうが光の反射をかなり抑えている

このくらいの角度は前モデルでもできたが、今回は上下や左右など幅が広がった

 さらに光の反射を抑えて日中でも画面を見やすくする「ブリリアントブラックビジョン」は、黒の再現力を高めている。また、オプションにはなるが、ドライブレコーダーやバックモニター、ETC 2.0とも連携している。

 また、エンタメ機能として、ハイレゾ音源の再生にも対応した。最大192kHz/24bitのFLACやWAVフォーマットのハイレゾ音源再生に対応し、USBメモリーかSDカードを挿入して読み込ませる。なお、アップルロスレスには対応しない。

 発売は11月上旬からで、価格はオープンだが「F1XD」が18万円前後、スイング機構がない「F1SD」が17万円前後。発売に先がけて実機を触ることができたので、紹介しよう。

光学ディスクやSDropboxカードスロットはディスプレーの裏にある

どこに設置しても見やすい角度に調整できそうだ

画面は静電容量式のタッチパネルでスマホライクな操作感に。担当者曰く、スマホを研究したとのこと

車内エンターテイメント機能も充実! とくに音はハイレゾ対応したので、走るリスニングルームと言える

2DINナビがインストールできれば問題ない。ディスプレーは外にでているので、大型化もしやすいとのこと

BDが再生できる数少ないカーナビだ

前モデルに引き続き、Android Autoに対応。また専用アプリをスマホに入れることで、カーナビとの連携ができる

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン