このページの本文へ

メニューをわかりやすく一新! オリンパスが家族向けミラーレス一眼「OM-D E-M10 Mark III」を発売

2017年09月01日 11時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 オリンパスは9月1日、ミラーレス一眼「OM-D E-M10 Mark III」の国内での発売を発表した。9月15日発売予定で、ボディーのみの予想実売価格は9万円前後。

ブラックのモデルも用意する ブラックのモデルも用意する

 「OM-D E-M10 Mark II」の後継機で、外観は各種ダイヤルが大きくなっているほか、グリップがより大きくなっており、操作性が向上している。

本体上面。ダイヤルが大きくなっている
本体上面。ダイヤルが大きくなっている
左右側面。カバーの中にmicroHDMIやmicroUSB端子を搭載

 エントリー向け製品という位置づけだが、同社の「OLYMPUS PEN」のエントリーモデル(E-PL8/E-PL7)が女性向けのアプローチをしているのに対して、本機はファミリーユーザーにターゲットを定めている。

 男性ユーザー(お父さん)も使いやすいように複数の操作ダイヤルを備え、電子ビューファインダー(EVF)も搭載。その代りにモニターが180度回転する自撮りの機構は備えていない。

背面モニターは3型(約104万画素)。チルト式でタッチパネルとなっている 軍艦部にはポップアップ式のストロボを内蔵する
背面モニターは3型(約104万画素)。チルト式でタッチパネルとなっている軍艦部にはポップアップ式のストロボを内蔵する

 E-M10 Mark IIから基本機能は変わっておらず、撮像素子は有効1605万画素、4段分の補正が可能なボディー内5軸手ブレ補正、263万画素の有機ELファインダー、3型(104万画素)のタッチパネルモニターなどを搭載する。

 変更点はモードダイヤルに「AP」が追加された点。これは多重露出やHDR、台形補正、フォーカスブラケット(ピント位置を変えて複数枚連写する機能)、静音撮影といった、従来設定メニューから呼び出す必要があった機能を簡単に使えるようにしたモードで、ダイヤルを合わせて画面に表示されるメニューを選ぶだけで機能が使える。

 また、「SCN」(シーン)モードについてはモードを大きく6つに分類。「人を撮る」や「夜景を撮る」といった目的を選んでから細かいシーンを選ぶ方式になった。

 「ART」(アートフィルター)ではブリーチバイパス、いわゆる銀残しのモードが追加され、金属のツヤ感などを強調する写真が撮れるようになった。

 このほか、本体上面左端にあった「Fn3」ボタンの代わりに「ショートカット」ボタンを搭載。現在選択されている撮影モードの設定画面を1ボタンで表示できるようになった。

ダブルズームキット ダブルズームキット

 レンズキットはダブルズームキットのみを用意。「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6EZ」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6R」が付属し、予想実売価格は12万円前後となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン