このページの本文へ

SilverStone「SST-SX500-G」、「SST-SX650-G」

柔らかケーブル採用のフルモジュラーSFX電源がSilverStoneから

2017年08月26日 23時12分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneから、奥行きが短いコンパクトなSFX電源「SST-SX500-G」「SST-SX650-G」が発売された。80PLUS GOLD認証を取得している。

奥行きが短いコンパクトなSFX電源「SST-SX500-G」「SST-SX650-G」

 発売されたのは、容量500Wの「SST-SX500-G」と650Wの「SST-SX650-G」2モデル。本体サイズ125(W)×100(D)×63.5(H)mmのSFX規格となる、コンパクトな電源ユニットだ。

本体サイズ125(W)×100(D)×63.5(H)mm。内蔵92mmファンは出力50%までは1000rpm以下で動作する

 SilverStoneでは、すでにSFX電源が発売済みだが、「従来モデルの80mmファンに比べ、92mmファンを採用することで動作ノイズが減少した」という(代理店ディラック談)。なお、最低ノイズレベルは18dBA。

採用するフラットケーブルは柔軟性があり角度のある曲げにも対応。小型ケースでも使いやすい

 搭載するコンデンサーはすべて日本製。フルモジュラーケーブル設計を採用し、取り回しや固定が容易なうえ、採用するフラットケーブルは柔軟性があり角度のある曲げにも対応する。

 価格は「SST-SX500-G」が1万3000円(税抜)、「SST-SX650-G」が1万7000円(税抜)。オリオスペック、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中