このページの本文へ

MSI「X299M GAMING PRO CARBON AC」

X299初のMicroATXマザーがMSIから登場

2017年08月25日 23時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから、Core Xシリーズ初のMicroATXフォームファクターに対応するX299マザーボード「X299M GAMING PRO CARBON AC」が発売された。対応CPUは、Skylake-Xのみ。下位モデルのKaby Lake-Xは利用できない。

Core Xシリーズ初のMicroATXフォームファクターに対応するX299マザーボード「X299M GAMING PRO CARBON AC」

 ハイエンドながらコンパクトなMicroATX対応のマザーボード「X299M GAMING PRO CARBON AC」。高品質部品を採用する「ミリタリークラス 6」やRGB LED機能「Mystic Light and Mystic Light Sync」などをサポート。高耐久PCI Expressスロット「PCI-E STEEL ARMOR SLOT」やM.2 SSD冷却用ヒートシンク「M.2 SHIELD」などおなじみの機能もサポートされている。

DDR4メモリーは4本のみ搭載。M.2は2本で、うち1本はメモリースロットの隣りという変則構成だ

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×3。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-4200(OC)/4133(OC)/4000(OC)/3866(OC)/3800(OC)/3733(OC)/3600(OC)/3466(OC)/3400(OC)/3333(OC)/3300(OC)/3000(OC)/2933(OC)/2800(OC)/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

拡張スロットはPCI Express(3.0) x16×3。M.2 SSD冷却用ヒートシンク「M.2 SHIELD」も備える

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN×2(intel I219-V+intel I211AT)やWi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 4.2、サウンド(Audio Boost 4 with Nahimic 2)、M.2×2、SATA3.0×8、USB 3.1×3(Type-A)、USB 3.0×6、USB 2.0×6などを装備する。

 価格は4万2098円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.、パソコン工房秋葉原BUYMORE店で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中