このページの本文へ

ニュース配信元にとってはブランド認知、ユーザーにとってはフェイクニュース対策に

Facebookの検索画面でニュース配信元のロゴが表示

2017年08月25日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Facebookの従来のニュース配信(左)、ロゴ表示付き配信(右)

 Facebookは8月22日(米国時間)より、ニュース配信元への認知を高める取り込みとして、配信元のロゴ表示を開始した。日本では検索画面に表示される。

 Facebookによると、記事ページへのリンクを見た際にリンクと配信元を関連付けするのはユーザーにとって難しいという。記事リンクとともに配信元のロゴを表示することで、ニュース配信各社はFacebook上での自社のブランド認知を促すことができ、ユーザーにとっては安心して読んでシェアする判断ができる。

ブランド・アセット・ライブラリーからのロゴのアップロード

 配信元各社では、Facebookの「投稿ツール」の中に新設されたブランド・アセット・ライブラリーからロゴをアップロードできる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン