このページの本文へ

新規格“JPEG-XL”の技術公募を開始、圧縮率60%向上を目指す

2017年08月16日 11時55分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Next-Generation Image Compression (JPEG XL) Draft Call for Proposals

 JPEG(Joint Photographic Experts Group)委員会は現地時間8月13日、圧縮比60%向上(JPEG比)を目指す次世代の画像圧縮規格の技術公募を開始した。

 「JPEG-XL」と呼ばれる次世代の画像圧縮規格について、同委員会は「この技術が満たすべき仕様を策定中である」とし、技術公募を開始。要件の草稿は2017年10月に開催される第77回会議を経て、最終決定をする。

 高解像度・大容量化が進むウェブコンテンツ業界だが、次世代の画像圧縮規格の登場によってインターネット回線のトラフィックを改善。ウェブサイト及びウェブブラウザーの応答性能向上が期待できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン