このページの本文へ

NECグループ12万台の運用ノウハウを活かし、企業PCの導入やリプレイスを完全サポート

NECとマイクロソフト、Windows 10搭載PC運用サービスで協業

2017年08月02日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「スマートクライアント標準PCサービスG2」

 NECおよび日本マイクロソフトは8月2日、Windows 10搭載PCの調達や導入、返却などPC運用サービスにおいて協業し、「スマートクライアント標準PCサービスG2」を提供開始した。

 NECグループのPC約12万台の8年間運用によって蓄積されたノウハウを元にBPOサービス化した「スマートクライアント標準PCサービス」をWindows 10に対応させたもの。OS環境の設定や導入展開手法など、運用において必要性が高く専門的知識を必要とする工程を両社共同で選定し、汎用的な運用パターンとして提供。

 今回のサービス提供により、IT担当者のWindows 10移行に伴う煩雑な導入や運用管理作業の低減、Windows 10対応の最新マイクロソフトソリューションの迅速な社内環境への適用が可能となる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ