このページの本文へ

1万8000発の花火とインテル ドローン「Shooting Star 」がコラボレーション

ハウステンボスの挑戦、夜空に「intel」300機のドローンが舞う

2017年07月24日 06時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どもどもジサトライッペイです。ハウステンボスは25周年を迎え、その特別企画として「インテルShooting Star ドローン・ライトショー」を開催しました。今回はその模様を見学しに長崎県に出張していまいりましたのでレポートします。

 インテルのドローン・ライトショー事業は約1年半前にスタート。最初はインテルのCEO、ブライアン・クルザニッチ氏との「100機のドローンを打ち上げてインテルのロゴを描いたらどうなるだろう?」というたわいもない会話からスタートしたと、インテル ドローン・ライトショーのジェネラルマネージャー、ナタリー・チャン氏は語ります。

インテル ドローン・ライトショーのジェネラルマネージャー、ナタリー・チャン氏(右)とhapi-robo st代表取締役/エイチ・アイ・エス取締役CIO/ハウステンボス取締役CTOを兼任する富田直美氏(左)。

 曰く、ドローン・ライトショーは新しいスタイルのひとつの「ストーリーテリング」で、ひとつの新しい「芸術」。世界には花火大会を法律で禁じている国もあるので、その代替としてドローン・ライトショーを開催したり、あるいは花火大会と同時開催して相乗効果をもたらすものと考えているそうです。

 また、ドローン・ライトショーは「広告」という役割も担えるとアピール。夜空に立体的に表現できるので、従来型の2D広告よりも強烈なインパクトが期待できるとのこと。実際、今回はハウスンテンボス25周年特別企画として、ハウステンボスの花火大会と同時開催になりましたが、打ち上げ総数1万8000発のド迫力花火の後に見ても、見劣りしない記憶に残る演目でした。

ハウステンボスの花火大会の模様。第9回世界花火師協議会の海外代表決定戦でロシア代表とカナダ代表の戦いの場でもありました。また、コシノジュンコ氏が総合プロデュースした「デザイン花火」も披露されました。

 6月23日の会見で、「私はすごくドローンに詳しい」と、DJI社のパイロットインストラクター免許国内第一号所持者として免許を見せつつ報道陣を賑わせた、hapi-robo st代表取締役/エイチ・アイ・エス取締役CIO/ハウステンボス取締役CTOを兼任する富田 直美氏も熱く持論を展開。

 ハウステンボスは同じテーマパークとして、ディズニーをすごく意識していると言います。ディズニーと言えば、昨年インテルはディズニーワールドで300機のドローンを使ったライトショーを開催しました。インテルの先進的なドローン技術に感動し、はじめは自分たちで独自のドローンを作ろうとしていたが、インテルのドローンを使ってよかったとしきりにおっしゃっていたのが印象的でした。

 実際、日本でドローン・ショーを行なう場合、改正航空法でいろいろと制限があり、おいそれとできるものでははありません。例えば、ドローンの操縦士はメインにひとり、バックアップとしての副操縦士をひとり置かなければならないのですが、そもそもインテルのドローン・ライトショーもそのスタイルなので問題ありません。

 また、技適の問題(インテルのドローン通信は専用プロトコルの2.4GHz帯を使用)や飛ばすスペース、安全性などのもろもろの条件をインテル米国本社のナタリー氏とインテルジャパン、そしてハウスンテンボス側の富田氏で詰めていったそうです。なお、今回のイベントに際し、日本には360機のインテル ドローン「Shooting Star」が納品され、プロペラ部をすべて交換。最終的に、保護ケージをつけて重量約330gの状態になりました。

インテル ドローン「Shooting Star」。プロジェクトが始まって約1年半が経ちますが、こちらはすでに第3世代とのこと。そして、今回のハウステンボスのライトショー用にプロペラに保護ケージを採用。重量は330g。

 今回のライトショーを開催するにあたり、富田氏は今年2月にナタリー氏をハウステンボスに招待してロケハンを行ないました。そこで、ナタリー氏はハウステンボスはいたるところでふんだんにLEDが使われており、ロボットがおもてなしするホテルがあったりするのを見て、「インテルのライトショーをするのに最適な場所」と考えたそうです。そこからは、どんなアニメーションにするか、どんな音楽を使うかなど、具体的な話を富田氏と詰めてきて、あっという間にこの日を迎えたと言います。

 この実行までの期間の短さに、富田氏とインテル ドローンチームのフットワークの軽さを感じました。インテルのドローン技術はシドニーやドイツなどのショーも経て、急速に進化し続けたのも要因だとは思いますが、このままいけば将来的にはさまざまな場所で同時開催することもできるのではないでしょうか。

 インテルは昨年12月に500機のドローン同時飛行に挑戦し、ギネスを更新しています。飛んでいるドローンどうしがぶつからないように、また安全性を考慮してジオフェンス(仮想的な境界線)を2層設けて、2層目に近づくと自動でドローンのモーターがオフになるような仕組みを作っています。今回の場合、約10メートルだそうですが、国によって航空法が違うので1層目と2層目の距離は柔軟に変えることもできるそうです。まだまだ企業秘密の部分はあるそうで、そういったインテルの技術力の高さに富田氏は感心し、今回のライトショーが実現したそうです。

 というわけで、前置きはこのぐらいにしてここからはどんなショーだったか、写真を中心にレポートします。

ハウスンテンボス入口。当日は猛暑でしたが、ずっと晴れており、絶好のナイトショー日和でした。
オランダの街並みを再現した牧歌的な風景が続き、都会の喧騒で疲れた心が癒されます。
のんびり歩いていると、口から涎をたらしまくった恐竜のロボットに遭遇。この世界観たまらないですね。
インテル ドローン・ライトショーの案内看板発見。ハーバータウンウォーターホテル前で開催するようです。
観覧場所に到着するころには日が暮れておりました。余談ですが、僕はこの日のために少しでも感度の高いカメラにしようとソニーのミラーレス「α6500」を購入。肉眼より全然明るいです。
すっかり夜になったハウステンボス。昼間はその厳格なデザインから“イシュガルドの教皇庁”にしか見えなかったタワーも幻想的にライトアップされており、すごく感動しました。FF14のやりすぎかもしれません。
花火大会スタート!

 花火大会は約1時間半に渡って行なわれ、1万8000発の花火が打ちあがりました。港から見る花火はすごく近くて大迫力でした。が、ここからが取材の本番。いよいよ日本初のインテル ドローン・ライトショーです。

突如夜空に現われた300機のドローン。あっという間にエイの形に変わり、夜空を遊泳していきます。
お次は球形(地球でしょうか?)。エリアごとに色を変えたドローン天体がぐるぐると回ります。
終盤にはハウステンボス25周年を表わした「HTB 25」の文字。これは確かに「広告」効果ばっちりですね。
最後はおなじみのインテルロゴ。無事撮影でき、ほっとしました。

 約6分という短い時間のライトショーでしたが、初めて見る300機のドローンが完全に制御された群飛行は、花火に負けないインパクトがありました。ちなみに、今回インテル ドローンが飛んだエリアは120(W)×120(D)×150(H)メートルで、打ち上げ花火よりも狭い空間でした。花火よりも静か(というかまったく動作音がしませんでした)で、BGMを邪魔することなく次々と形を変えていくドローン飛行はさまざまなものとコラボできる可能性を感じました。確かにこれは新しい「芸術」であり、新しい「レジャー」のスタイルだと思います。

 とはいえ、実際に日本でこれだけ大規模なドローン飛行を行なうとなるとさまざまなハードルをクリアーしなければなりません。今回のハウステンボスの情熱的なアプローチを皮切りに、どんどんこのような機会が増えていくことを願っております。

ショーを終えたドローンが帰っていく様子。僕は案外この様子が一番感動しました。ドローンの離着陸スペースはテニスコートよりも小さく、きっちり離着陸するためには順序良く動く必要があります。この“プログラム感”がたまんないです。

 なお、ハウステンボス25周年特別企画「インテルShooting Star ドローン・ライトショー」の開催期間は、2017年7月22日(土)~8月5日(土)。夏レジャーにオススメですのでぜひ!

ハウステンボス代表取締役社長の澤田秀雄氏も駆けつけた、ライトショー後の囲み取材。「今後もドローン・ライトショーを続けていきますか?」という質問に、富田氏は「ゆっくりと考えていきます。まあ、社長がやってくれるって今言ってくれたらいいんですけどね(笑)」と答え、澤田氏は「集客次第です(笑)」と回答。富田氏の情熱と澤田氏の冷静な経営判断がハウステンボスを支えているのだなと感じたやりとり。ハウステンボスがなぜ人気テーマパークなのかの理由がわかったような気がします。

■関連サイト
ハウステンボス
インテル
hapi-robo st

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ