このページの本文へ

世界リーグが選んだAOCのゲーミング液晶が日本上陸

2017年07月01日 19時48分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Admiral Overseas Corporation(以下AOC)が開発したゲーミング液晶ディスプレー“AGON(エーゴン)”シリーズの日本上陸を記念して、overwatchのトーナメントイベント「AOC OPEN」がe-sports SQUARE AKIHABARAで開催された。

AOC主催のoverwatchトーナメントイベント「AOC OPEN」

 AGONは、ESL英国プレミアシップなど、数多くのe-sportsリーグで大会公式ディスプレーとして採用されている実績と、e-sports第一線で活躍するプロチームとトライ&エラーを繰り返して完成した、ゲーマのためのディスプレーだ。

 また、Natus Vincereなどのプロチームへのスポンサードをはじめ、Dream HackやESLなど大型イベントにもスポンサードを行ない、e-sportsシーンを幅広くサポートしている。

 そのAGONの魅力と、Overwatchの興奮を同時に楽しめるのが、今回のイベントとなる。ここでは、イベントで展示されていたAOC製ディスプレーを紹介しよう。

24.5型フルHD液晶ディスプレー
「AG251FZ/11」

 最大240Hzのリフレッシュレートに対応し、応答速度は1ms。入力インターフェースはD-Sub15ピン×1、HDMI2.0×1、 HDMI1.4×1、DVI-Dual Link×1、Display Port1.2×1の5系統。

 付属のクイックスイッチによりカスタマイズした画質設定を保存し、ボタン1つで瞬時に切り替え可能だ。想定売価は6万6800円。

240Hzの24.5型液晶「AG251FZ/11」

31.5型フルHD液晶ディスプレー
「AG322FCX/11」

 最大144Hzのリフレッシュレートに対応する湾曲ディスプレー。入力インターフェースはD-Sub15ピン×1、HDMI1.4×1、DVIDual Link×1、Display Port1.2×1の4系統。 

 背部にあるLEDバーが3色の光を放ちゲームシーンを盛り上げる。想定売価は4万9800円。

144Hzの31.5型湾曲液晶「AG322FCX/11」

24型フルHD液晶ディスプレー
「G2460PF/11」

 最大144Hzのリフレッシュレートに対応し、応答速度は1ms。入力インターフェースはD-Sub15ピン×1、HDMI1.4× 1、DVI-Dual Link×1、Display Port1.2×1の4系統。

 高さ調整・ピボットも可能で、フリッカーフリーにも対応する。想定売価は3万6800円。

24型の安価な液晶「G2460PF/11」

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中