このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新トレンドを知ってキッチリ対策! セキュリティ特集 第3回

ファームウェアやソフトウェアを最新の状態にしておくこと

ルーター、スマホ、個人情報、パスワード、PC以外のセキュリティを高めるワザ

2017年06月30日 11時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

セキュリティに注意しなければならないのはPCだけではない!

 PCでセキュリティを高めるには、Windows 10でWindows Updateを適用し、Windows Defenderなどのセキュリティアプリをきちんと運用するに限る。とは言え、その他にも守らなければいけないハードウェアや情報もある。例えば、家で使っているルーターや手持ちのスマートフォン、ID&パスワード、クレジットカード番号や住所氏名といった個人情報などだ。今回は、それらPC以外のセキュリティを高めるワザを紹介しよう。

ルーターのセキュリティを高める

 インターネットからの攻撃に対し、最初に防御壁となってくれるのがルーターだ。ルーターを使うだけで、PCへの直接攻撃ができず、被害を回避できることが多い。しかし、ルーターは一度設置すると放置しがちなデバイス。実は、きちんと運用していないと、セキュリティの穴を突かれてトラブルになりかねないので注意が必要だ。

ルーターのファームウェアは時々でいいのでチェックし、最新の状況にしておく

 まずは、ルーターそのものも攻撃の対象となる可能性があるので、ファームウェアの確認は少なくとも月に1回、できればファームウェアの自動更新機能のあるものはオンにする。

ルーターの初期IDとパスワードは決まっていることが多い

ルーターのパスワードを変更する

 また、ルーターのパスワードは絶対に変更しておきたい。adminとかpasswordといった初期文字列のままだと、なんの苦労もなく突破されてしまうからだ。製品によってはログインミスが起きると、初期パスワードをご丁寧に表示してしまうこともある。

ファイアウォールを有効にする

 ファイアウォール機能も有効にしておこう。あまり、高レベルな防御設定にすると普段の使い勝手にも影響が出てくるので、そこは環境に応じて選べばいい。

Wi-Fiの暗号化はAESもしくはTKIPを利用し、暗号化キーもわかりにくいものにしておく

 Wi-Fiにはかならず、暗号化機能をかけておくこと。さらに、脆弱性のあるWEPは避け、AESやTKIPといった強力なセキュリティオプションを利用しよう。もちろん、Wi-Fiの接続パスワードも推測されないように変更しておくこと。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン