このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

iOSやAndroidに対応、通話やメール、LINEなどのSNSを通知

スカーゲン新作ハイブリッド スマートウォッチは軽薄短小でカッコいい

2017年06月07日 08時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本体背面の中央に大きな溝が彫ってある

自分でカンタンに電池交換できる

 バッテリーは既存モデルと同じく、ボタン電池(CR2412)を使用。スペックでは約4ヵ月の連続使用が可能です。電池の交換は、本体背面のパネルを外してアクセスします。背面パネルには溝があり、マイナスドライバーやコインなどで開けられるので、特殊な工具は必要なく、自分で簡単に電池交換ができます。ボタン電池も家電量販店や通販サイトで購入できるので、比較的入手しやすいです。

背面のパネルはコインなどで回して外せる充電式ではなく電池式なので、バッテリー残量がなくなったら交換

 ベルト幅は20mmで(Jorn Connectedは22mm)、クイックリリース式のバネ棒を採用しており、こちらも特殊な工具なしで交換可能。実店舗やオンラインのスカーゲン直営店では、交換用ベルトの販売もスタートしているので、ファッションや利用状況にあわせて手軽にベルトが替えられます。

ベルトはレバーを動かすだけで外せるクイックリリース式を採用

 第2世代のハイブリッド スマートウォッチは、よりシンプルなデザインを追求しながらも、スマートフォンとの連携機能などは、しっかりと強化されたモデルに仕上がっていました。



前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ