このページの本文へ

水銀ランプの7倍の高寿命なレーザー光源を採用

シャープ、わずか約49cmで投映可能な超短焦点プロジェクター

2017年06月02日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PG-LU400Z」

 シャープは6月2日、約49cmの投写距離から100型の映像を投映可能な超短焦点プロジェクター「PG-LU400Z/PG-LU300Z」を発表した。6月下旬および8月上旬に発売する。

 約2万時間という長寿命のレーザーダイオードを光源として搭載。明るさはLU400Zが4000ルーメン、LU300Zが3000ルーメン。表示素子は0.65型のDLPチップで、解像度は1920×1080ドット。入力はHDMI×2、ミニD-sub 15ピン、S-Video、RCAピンジャック。

利用イメージ

 サイズは両機種ともおよそ幅509×奥行き390×高さ138mm、重量はLU400Zが約10.5kg、LU300Zが約9.9kg。LU300Zが6月下旬、LU400Zが8月上旬の発売となり、価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン