このページの本文へ

現実に動く物のコントロールを学ぶことでさらに楽しくプログラミング

アップル、プログラミング学習アプリSwift Playgroundsでロボットやドローンを制御可能に

2017年06月02日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Swift PlaygroundsとLEGO MINDSTORMS EV3で製作したロボット

 アップルは6月1日、プログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」において、ロボットやドローンなどと接続できる新バージョン(1.5)を発表した。6月5日にApp storeで無料ダウンロード提供される。

 Swift PlaygroundsはiPadで利用できるプログラミング学習ツール。新たに世界の各種企業と協力し、Bluetoothを介して各種のロボットやドローン知育トイなどのデバイスを制御できるようにした。デバイスとしては「LEGO MINDSTORMS EV3」のほか知育電子玩具「Sphero SPRK+」、Parrot製小型ドローン(Mambo、Airborne、Rolling Spider)などがある。

「LEGO MINDSTORMS EV3」と「Sphero SPRK+」、Parrot製小型ドローン

 Swift Playgroundsの利用にはiOS 10以降が稼働するiPad Air、iPad Proの全モデル、またはiPad mini 2が必要。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中