このページの本文へ

3万円台で6GBメモリーの中華スマホ「UMi Plus E」が登場

2017年06月02日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6GBメモリーを搭載するハイエンドスペックながら、なんと3万円台で購入できる5.5型スマートフォン「UMi Plus E」が店頭に登場。メーカーは中国のUMIで、Jan-gle秋葉原本店にて3万4800円(税抜)で販売中だ。

税抜3万円半ばと安価ながら、6GBメモリーを搭載する「UMi Plus E」が店頭販売中だ

 コストパフォーマンスに優れた中華スマートフォンで、超ハイエンドなスペックながら激安価格で購入できる。特に搭載メモリーは6GBと大容量。日本語に対応しないなど、中華スマートフォン特有の難しさはあるものの、珍しいモノ好きなガジェットマニアにはオススメだ。

 ディスプレーは5.5型フルHD液晶を採用、プロセッサーはオクタコアのMediaTek Helio P20、メモリーが6GB、ストレージは64GBを実装する。OSはAndroid 6.0だ。

とにかくコスパ優秀な端末で、1300万画素カメラや指紋認証センサーも搭載。コネクターはもちろんType-C、デュアルSIM仕様でDSDSにも対応する

 そのほか、1300万画素のメインカメラや指紋認証センサー、4000mAhの大容量バッテリーを内蔵。ネットワークはBluetooth 4.1と無線LANをサポート。デュアルSIM仕様の端末で、DSDSにも対応している。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン