このページの本文へ

水深14mでも撮影可能、高さ1.6mからの耐落下性能などそのままに使い勝手を改善

リコー、アウトドアでも液晶が見やすくなったタフネスデジカメ「RICOH WG-50」

2017年05月26日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「RICOH WG-50」(オレンジ/ブラックの2モデルが用意される)

 リコーは5月25日、小型軽量で本格的な防水性能を持つコンパクトデジカメ「RICOH WG-50」を発表。6月下旬に発売する。

 約1600万画素CMOS撮像素子と光学5倍ズームレンズ(35mm換算約28~140mm)を搭載。レンズ周囲のLEDライトによる接写撮影や、電子式手ブレ補正による動画撮影(最大1920×1080ドット/30fps)などの撮影機能を持つ。

 撮影機能や耐環境性能(水深14mで撮影可能な防水性能/高さ1.6mからの耐落下性能/-10℃でも動作する耐寒性能)などの基本スペックは従来機「WG-40」と共通。新たに、使用環境に応じて最も見やすい明るさに簡単に調整できる「アウトドアモニター」機能を搭載した。本体サイズはおよそ幅122.5×高さ61.5×厚み29.5mm、重量は約193g(電池、SDカード含む)。市場想定価格は3万円台半ば。

■関連サイト

 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン