このページの本文へ

オンキヨー「GRANBEAT」やトリニティ「NuAns NEO [Reloaded]」も

IIJmioがキャタピラーのタフネス端末など4機種を取り扱い開始

2017年05月25日 12時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は5月25日、個人向けのSIMフリー端末販売サービス「IIJmio(アイアイジェイミオ)サプライサービス」に新機種を投入すると発表した。

 ラインアップに加わるのは、デュアルレンズカメラを搭載したZTE製「BLADE V8」、高耐久のキャタピラー製「CAT S40」、オンキヨー製の高音質音楽プレーヤースマホ「GRANBEAT」、多彩なカスタマイズが可能なトリニティ製「NuAns NEO [Reloaded]」の4機種。発売日時は6月1日の午前10時で、価格はBLADE V8が一括3万4800円または24回の月々1500円。CAT S40が一括3万9800円または24回の月々1700円。GRANBEATが一括7万9800円または24回の月々3400円。NuAns NEO [Reloaded]が一括4万2800円または24回の月々1800円(すべて税別)。

 なお、BLADE V8以外の端末は8月31日までの期間限定販売。NuAns NEO [Reloaded]のみ発売日は未定で、決まり次第ウェブサイトでお知らせするとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン