このページの本文へ

ELECOM「TK-FDM088TBK」

プレミアムメンブレン採用のワイヤレスキーボードが登場

2017年05月24日 23時24分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムから、プレミアムメンブレン採用をうたうフルキーボード「TK-FDM088TBK」が発売された。

プレミアムメンブレン採用をうたうフルキーボード「TK-FDM088TBK」。最大1000万回のキーストロークに耐える丈夫なキーを採用する

 「TK-FDM088TBK」は、メカニカルキーボードと同じキートップ設計を採用したという、快適な打鍵感を実現した2.4GHzワイヤレスプレミアムメンブレンキーボード。キートップはラバードームで支えるメンブレン方式を採用。階段状のキー配列やキートップ全体がラウンドしている、ステップスカルプチャー構造や、キートップが指の形状に沿って凹んでいるシリンドリカル構造を採用するのも特徴だ。

ステップスカルプチャー構造や、キートップが指の形状に沿って凹んでいるシリンドリカル構造を採用するのも特徴

 基本スペックは、キーストロークが4mmでキーピッチは19mm。電波周波数は2.4GHzワイヤレスで、1円玉サイズのマイクロレシーバーを採用する。サイズは446(W)×149(D)×33(H)mmで、重量は555g。背面には、2段階調節可能なチルトスタンドを搭載する。なお、電源は単3電池×1で、約2.5年間電池交換不要で利用可能。

 価格はTSUKUMO eX.で2980円(税抜)となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中