このページの本文へ

NECプラットフォームズ、機能を限定し安価な小型Wi-Fiルーターを発表

2017年06月01日 11時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECプラットフォームズは6月1日、Wi-Fiホームルーター「Aterm WG1200HS2」と「Aterm WF1200CR」を発表した。想定売価はWG1200HS2が8100円前後で、WF1200CRが4860円前後。6月8日から発売する。

Aterm WG1200HS2

 いずれもIEEE802.11ac(2×2/2×2)対応で、通信速度の理論値は5GHz帯が867Mbps、2.4GHz帯が300Mbpsを実現。端末に集中して電波を送信する「ビームフォーミング」を搭載している。

 また、基板内の電磁ノイズを抑制する「μEBG」と、最小クラスの高性能アンテナ「μSRアンテナ」採用の「極技(きわみわざ)」を備える。

 WG1200HS2は、ビームフォーミングを応用し、2台までの端末と同時通信を可能にした「MU-MIMO」に対応。

 さらに「Wi-Fi引っ越し機能」を使い、他メーカーのルーターからSSIDや暗号化キーの設定を引き継げる。

 また「見えて安心ネット」により、ルーターに接続している端末の一覧、端末ごとの接続周波数帯や電波強度などの状態をスマートフォンやタブレットから確認できる。不正にアクセスを検出し、接続不可端末としてアクセス拒否も可能。

 本体サイズは幅33×奥行き97×高さ146mmで、重量は0.2kg。横置き、縦置き、壁掛けに対応している。

Aterm WF1200CR

 WF1200CRは、本体サイズ幅41×奥行き108.5×高さ110mmで、重量0.2kgのコンパクトなホームルーター。カラーはホワイトを採用し、女性でも部屋に設置しやすいとうたう。

 機能は高速通信を可能にするビームフォーミングのみ対応にすることで、シンプルで低価格のルーターを目指した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン