このページの本文へ

2019年後半にもサービス・端末を提供予定

ソフトバンク、スプリント、クアルコムと2.5GHzの5G技術の共同開発で合意

2017年05月10日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクグループ、スプリント、クアルコム、2.5GHzの5G技術の共同開発で合意

 ソフトバンクは5月10日、2.5GHzを用いた5G移動体通信技術の共同開発において、スプリントおよびクアルコムと合意したと発表した。

 開発する5G技術は2.5GHz(Band 41)の3GPPのNR(New Radio)規格を含める。3社は同規格に対応する商用サービスと端末の提供を2019年後半にも予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン