このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第75回

格安SIMの通話定額はお得? 楽天モバイルの時間無制限定額がスタートした今だから考える

2017年04月27日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
格安SIMでデータ通信するタブレットとドコモのフィーチャーフォンの組み合わせなら、時間無制限の通話定額が実現できて合計毎月3000円台で収まる

格安SIMでデータ通信するタブレットとドコモのフィーチャーフォンの組み合わせなら、時間無制限の通話定額が実現できて合計毎月3000円台で収まる

 1年と少し前までは通話が大の苦手だった格安SIMが、通話も得意な格安SIMに変化している。

 5分間通話定額の先駆けとなった楽天モバイルが、いよいよ時間無制限の通話定額サービスを開始。通話が多い人も格安SIMという時代になろうとしている。

 そこで格安SIMの通話定額を現時点でまとめてみたほか、DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)機種を使った場合の通話の便利な活用法などを考えてみた。

楽天は月額2380円のプラスで時間無制限の通話定額

「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」

「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」

 楽天モバイルが4月24日に発表し、提供を開始した通話定額サービスは「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」。楽天モバイルの通話対応SIMの契約者が申し込むことで利用できる。利用料は通常の通話SIMの料金に加えて月額2380円(税別)。

 これまでの楽天の通話定額は1度に5分間までの通話が定額となる「楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル」で月額850円(税別)が提供されていた。5分を無制限にグレードアップすることに、さらにプラス1530円ということになる。

 「プリフィックス方式」と呼ばれる方法で通話の割引や無料化を行なっているため、利用はこれまでどおり「楽天でんわ」アプリを使用するか、電話番号の頭に「003768」を付ける必要がある。

 もし、頭に「003768」を付け忘れれば、30秒20円という高い通話料がかかる。着信履歴から発信をする際などで、使い方を誤ると頭に番号がつかなくなるため、定額のつもりで発信していたら30秒20円の通話料がかかっていたということにもなりかねない。誰でも確実に通話定額になるわけではない点には注意したい。

850円で10分まで通話定額にサービス強化した格安SIMもある

「OCN モバイル ONE」の通話定額サービス「OCNでんわ」

「OCN モバイル ONE」の通話定額サービス「OCNでんわ」

 楽天モバイルが時間無制限の通話定額を実現したが、今年1月に発表された「OCN モバイル ONE」の通話定額は、850円のオプション料追加で10分までの通話が可能。5月からは「IIJmio」も同様に通話定額の制限時間が5分から10分へと倍増させる。

 通話発信のほとんどが10分以内であり、10分を超えた部分の通話料が1530円未満、つまり30秒ごとに繰り上げた通話の合計時間が1時間17分前後までなら、楽天モバイルの定額オプションよりも、OCN モバイル ONEやIIJmio(5月開始)、そして6月開始予定の「NifMo」の通話定額のオプションのほうが安い計算になる。

 とはいえ、親などとのややこしい会話をすれば、通話は30分程度になってしまうこともあるだろう。

 そういった積み重ねで10分超えの通話が1時間以上になってしまう人もいるはず。IP電話やSNSの通話モードよりも遅延が少なく快適な通話ができるため、毎月、通話が多いことが見込まれるなら「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」も悪くない。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン