このページの本文へ

MSI「B350M BAZOOKA」、「B350M MORTAR」、「B350 PC MATE」

MSIからAM4対応マザーが続々! 3つのB350搭載モデルが発売

2017年04月12日 23時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIから、B350チップセット搭載のSocket AM4対応マザーボードが発売された。Micro ATX対応の「B350M BAZOOKA」「B350M MORTAR」、ATX対応の「B350 PC MATE」の3モデルだ。いずれも価格は約1万3000円ほど。

 パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

「B350M BAZOOKA」

 カジュアルゲーマー向け「ARSENAL GAMIG」シリーズのMicro ATXモデル。MSIの高品質部品規格「Military Class 4」「Guard-Pro」をサポート。電磁干渉を防ぎ、重いカードも安心な高耐久PCI Expressスロット「Steel Armor PCI-E Slot」もサポートされる。また、マザーボード裏面にホワイトLEDを搭載した「GAMING LEDs」や、別売のRGB LEDテープをマザーボードに接続し付属のソフトウェアでカスタマイズ可能な「Mystic Light Sync」を備える。

カジュアルゲーマー向け「ARSENAL GAMIG」シリーズのMicro ATXモデル「B350M BAZOOKA」

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3200(OC)/2933(OC)/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

マザーボード裏面にホワイトLEDを搭載する

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)やサウンド(Realtek ALC892 8CH HD)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.0×6、USB 2.0×8などを装備。グラフィックス機能にHDMI1.4×1、DVI-D×1、D-Sub×1を搭載する。価格は1万2398円。

「B350M MORTAR」

 カジュアルゲーマー向け「ARSENAL GAMIG」シリーズのMicro ATXモデル。MSIの高品質部品規格「Military Class 4」「Guard-Pro」をサポート。電磁干渉を防ぎ、重いカードも安心な高耐久PCI Expressスロット「Steel Armor PCI-E Slot」、DDR4メモリーの性能をパワーアップする「DDR4 Boost」もサポートされる。また、マザーボード裏面にRED LEDを搭載した「GAMING LEDs」や、別売のRGB LEDテープをマザーボードに接続し付属のソフトウェアでカスタマイズ可能な「Mystic Light Sync」を備える。

「ARSENAL GAMIG」シリーズのMicro ATXモデル「B350M MORTAR」。マザーボード裏面にRED LEDを搭載した「GAMING LEDs」をサポートする

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3200(OC)/2933(OC)/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)やサウンド(Realtek ALC892 8CH HD)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.0×8、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス機能にHDMI1.4×1、DVI-D×1、DisplayPort 1.2×1を搭載する。価格は1万3046円。

「B350 PC MATE」

 ビジネス向け「PRO Series」シリーズのATXモデル。MSIの高品質部品規格「Military Class 4」、「Guard-Pro」をサポート。電磁干渉を防ぎ、重いカードも安心な高耐久PCI Expressスロット「Steel Armor PCI-E Slot」、DDR4メモリーの性能をパワーアップする「DDR4 Boost」もサポートする。また、別売のRGB LEDテープをマザーボードに接続し付属のソフトウェアでカスタマイズ可能な「Mystic Light Sync」を備える。

ビジネス向け「PRO Series」シリーズのATXモデル「B350 PC MATE」

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2、PCI×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3200(OC)/2933(OC)/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

ATXサイズのB350マザーボードとしては比較的安価なモデル。ビデオカード以外にも拡張カードを使うという人はこちらがいい

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)やサウンド(Realtek ALC892 8CH HD)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.0×8、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス機能にHDMI1.4×1、DVI-D×1、D-Sub×1を搭載する。価格は1万3046円。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中