このページの本文へ

プジョーが大型SUV「5008」を日本初披露! 3008の新型も!

2017年04月11日 10時00分更新

文● アスキー自動車部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プジョーが大型SUVの5008を日本初公開
3008はクリーンディーゼル搭載のGTを発売

 プジョー・シトロエン・ジャポンは日本におけるSUV戦略を発表した。冒頭、クリストフ・プレヴォ社長は、プジョー、シトロエン、DSに加え、オペルとボクスホールもグループに加えた売り上げ台数は433万台となり、欧州市場において、フォルクスワーゲンに次ぐ第2位のマーケットシェアを保持することになったことを発表。PSAとしても2016年は315万ユーロと前年比5.8%増を売り上げ、日本においても前年比25%増の登録台数を記録した。日本法人PSJ中でもプジョーは69%の売り上げを誇るメインブランドとして前年比30%増の登録台数を記録。中でも、昨秋発売したSUVの新型「2008」は2016年に39%の売り上げ増となった。

 今回発表となったのは、プジョーのSUVの中心モデルで欧州カー・オブ・ザ・イヤー 2016を獲得した「3008」の新モデルで、既発表の1.6リッターのガソリンターボモデルに加えて、2リッターのクリーンターボディーゼルを搭載した「3008 GT BlueHDi」だ。

 最大出力180ps、最大トルク400Nmを誇り、燃費も18.7km/L(JC08)と良いのが特徴。今年8月に426万円(税込)にて発売となる。

 さらに、秋に発売となる予定の「5008」を日本で初めて公開した。こちらは大型の7人乗りSUVで、パワートレーンは3008と同様にガソリンターボとクリーンターボディーゼルの予定。3008と比べて、ホイールベースは165mm長い2840mm、全長は190mm長い4640mm。未開拓の7人乗りSUVを開拓するモデルで、プジョーがさらにSUVの拡充を加速する意志の現れでもある。

シートは2-3-2の配列で、最後部のシートは取り外しも可能だ5008と3008のサイズ比較。7人乗りながら、取り回しやすさは保持している
プジョーのSUVラインアップ図。3008と5008は同じパワートレインとなる日本で初披露となった5008のボディー
運転席は3008と同様の「i-Cockpit」で、インストルメントパネルは完全にデジタル表示。左側のタッチスクリーンは、その下に並ぶボタンで機能を選択するシフトノブも完全にデジタルとなり、上下動作で切り換えを行なう
5008のクリーン・ターボディーゼルは6速のエフィシェント・オートマチック・トランスミッションと組み合わせ2列目と3列目のシートに加え助手席も可倒式で、3.2メートルの長尺物も搭載できる
発表会場には1960年から88年まで生産された名車404が登場。ピニンファリーナデザインでラリーカーとしても活躍した

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ