このページの本文へ

ラピュタのシーンを完全再現できるロボット兵のフル可動モデル登場

2017年04月06日 20時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バンダイは4月6日、「天空の城ラピュタ」に登場する古代兵器「ロボット兵」のフル可動モデル「ロボット兵(Full Action Ver.)」の予約受付を開始した。価格は7560円で、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約受付中。

 スタジオジブリ作品に登場するメカを精巧に立体モデル化する「想造ガレリア」シリーズの第3弾。全身の可動ヵ所は57ヵ所以上あり、腕部と脚部は腕時計の金属ベルトを参考にした機構を採用し、広い可動域がある。

 四つん這いポーズ、格納ポーズなどのロボット兵の特徴的なポーズを再現でき、差替え用腕パーツを使用すれば飛行ポーズも可能。劇中のあらゆるシーンを再現できるフィギュアだという。

広い可動域で作中のポーズも再現できる

 さらに、目のレンズ部分は後頭部から光を取り入れて、発光して見える構造を採用。胸部にはクリア素材を使用したラピュタのエンブレムを配置した。

本体サイズはおよそ幅85×高さ118mmで、ディスプレー用のアームが付いた専用台座や格納状態をよりリアルに再現できるケーブルパーツが付属している

 なお、予約は準備数に達し次第終了で、10月発送予定。

 また発売を記念し、抽選で想造ガレリアシリーズ第1弾「ロボット兵」もしくは、第2弾「フラップター」が当たるプレゼントキャンペーンも開始している。

ページ内の木の根を掻きわけ、応募ボタン(巨大飛行石)を押して応募する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ