このページの本文へ

「Ryzen 7 1700X/1800X」に「Wraith MAX RGB」クーラー付属のバルク版!

2017年03月31日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デビュー以来、売れ行き好調な「Ryzen」にオリジナルCPUクーラー「Wraith MAX RGB」が付属するバルク版が登場。31日から販売がスタートした。

オリジナルCPUクーラー「Wraith MAX RGB」が付属するバルク版。AMDのロゴが入った茶箱のトレイケースも珍しい

 発売されたのは「Ryzen 7 1700X」と「Ryzen 7 1800X」のバルク版。いずれも、TDP 140WまでサポートするオリジナルCPUクーラー「Wraith MAX RGB」がセットで販売されるのが特徴だ。ご存知の通り、すでに販売中のリテール版「Ryzen 7 1700X」と「Ryzen 7 1800X」にはCPUクーラーが付属しない。そのため、Socket AM4クーラーが初めから欲しい人や、「Wraith MAX RGB」が欲しい人にとっては注目の製品になる。

「Wraith MAX RGB」。対応マザーボードと付属ケーブルで接続すれば、連動した発光機能を楽しむことができる

 「Wraith MAX RGB」は、付属のケーブルを使用して発光機能を楽しむこともできるAMD純正のSocket AM4対応CPUクーラー。銅製の大型ベースプレートに4本のヒートパイプを組み合わせたトップフロータイプで、冷却能力にも期待できそうな作り。従来は単体販売されていないモデルだけに、この機会に入手を検討するのもいいだろう。

リテール版との価格差は3000円。マザーボードやCPUクーラーを購入予定という人は、バルク版を選ぶのもありだ

 なお、バルク版のため対応マザーボードとのセット販売が条件となる。購入後はマザーボードにCPUと「Wraith MAX RGB」を搭載した状態で受け取る必要があるとのこと。

 価格は「Ryzen 7 1700X」が4万9800円(税抜)、「Ryzen 7 1800X」が6万2800円(税抜)。パソコンショップアーク(「Ryzen 7 1800X」のみ)やツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中