このページの本文へ

BUFFALO「HD-LC2.0U3-BKF」、「HD-LC2.0U3-WHF」

転送効率化ソフトが付くUSB 3.1対応の外付けHDDがバッファローから

2017年03月23日 23時46分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローから、USB 3.1に対応した外付けHDD「HD-LCU3-F」シリーズが登場。ツクモパソコン本店で販売中だ。登場したのは、容量2TBの「HD-LC2.0U3-BKF」(ブラック)、「HD-LC2.0U3-WHF」(ホワイト)の2モデル。

USB3.1に対応した外付けHDD「HD-LCU3-F」シリーズ。2TBモデルが販売中だ

 「HD-LCU3-F」シリーズは、筐体とHDDとの間に、4つの防振用シリコンゴムを設置。ファンレス設計のケースを採用する事で静音仕様とした外付けHDD。付属のファイル転送効率化ソフト「ターボPC EX2 Plus」により、保存容量が最大20%向上(セーブモード時)したのも特徴だ。

付属のファイル転送効率化ソフト「ターボPC EX2 Plus」もウリ。ファイルを圧縮してからHDDに転送することで、より多くのファイルを保存できる

 そのほか、AES256bit暗号化とパターン認証に対応したセキュリティソフト「SecureLock Mobile 2」(ダウンロード)を利用することもできる。なお、本体背面にはセキュリティースロットを搭載するほか、電源連動機能も装備。サイズは39(W)×187(D)×120(H)mm。

   価格は1万1899円(税抜)となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中