このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CP+ 2017で見た注目の一眼レフ&コンデジ 8K撮影システムも参考展示!

2017年02月23日 20時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月23日に開幕したカメラ総合イベント「CP+ 2017」。本記事では一眼レフとコンパクトデジカメについて、各メーカーのブースの模様を見ていこう。

一眼レフが人気のキヤノンブース

人気が高かった「EOS 9000D」

人気が高かった「EOS 9000D」

9000Dの下位モデルにあたる「EOS Kiss X9i」

9000Dの下位モデルにあたる「EOS Kiss X9i」

 キヤノンブースでは、エントリー一眼レフ「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」とミラーレス一眼「EOS M6」が撮影体験ブースに並んで展示してあったが、筆者が訪れたときはEOS 9000Dの人気が高かった。

2パターンのタッチアンドトライコーナーを用意

新しいレンズの展示もあった

新しいレンズの展示もあった

先日発表されたコンデジも展示されていたが、あまり目立たない場所だった

 体験ブースは、女性のモデルを撮影するものと、動く鉄道模型を撮影するものの2つを展開。画質とスピードの両方をアピールするものとなっている。

8Kカメラの参考展示。8K専用CMOSセンサーを搭載している

8Kカメラの参考展示。8K専用CMOSセンサーを搭載している

30型の8Kディスプレーの参考展示。HDRにも対応しているようだ

8Kの参考展示があったムービー系のコーナーは人だかりとなっていた

8Kの参考展示があったムービー系のコーナーは人だかりとなっていた

 ただ、個人的に一番気になったのは8K関連の参考展示。8K撮影が可能なカメラやディスプレーが参考展示されており、業務向けとはいえ注目度も高かった。

「PENTAX KP」と「THETA」が目玉のリコーブース

「PENTAX KP」

「PENTAX KP」

スケルトンモデルやカットモデルを展示

センサーシフト式手ブレ補正をアピールするデモ展示

手ブレ補正をアピールするデモ展示

レンズの参考展示も見られた

レンズの参考展示も見られた

「PENTAX 645Z」も人気だ

「PENTAX 645Z」も人気だ

 リコーブースは、半分が一眼レフ「PENTAX KP」、もう半分が全天球カメラ「THETA」で占められている印象。デジカメの体験コーナーはPENTAX KPや中判デジカメ「PENTAX 645Z」などが人気だった。

アーチ状のTHETAギャラリーを展開。タブレットが置かれており、全天球写真を楽しめる

同社一眼レフとTHETAの連携。両社で同時に撮影した画像を組み合わせることで全天球の一部を高画質な画像に置き換えられる

 一方、THETAブースは全体的に多くの人でにぎわっており、全天球カメラの人気の高さをうかがわせる。

ブース展示されていたこれらのデジカメの後継機は……いつか登場するのか?

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン