このページの本文へ

アウトカメラ頂上決戦! 苦手なシーンで撮影対決! 第1回

カメラ自慢のスマホで夜景を綺麗に撮影できるか極限テスト!

2017年02月06日 12時00分更新

文● 林 佑樹 編集●スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手持ちで夜景撮影は厳しめ
ZTE「AXON 7」

 リアカメラは2000万画素、F値1.8、OIS(光学式手ブレ補正)アリ。オートモードで撮影してみたところ、自動的に夜景モードに切り替わり、シャッター速度は1/10と手持ちでも厳しく、かつISOは思いっきり高めになった。

 その結果、ディティールは消失気味で、AXON 7の画面サイズでもちょっと厳しい絵に。SNSに投稿した場合はパッと見は耐えられる程度だ。また、PDAF(像面位相差AF)搭載ながらフォーカスの迷いが長く、夜間撮影の弱さを再確認した。なお、筆者私物であり、昨年末にレビューしている(関連記事)。

1/10、F1.8、ISO4400。記事上のサムネイルだとフツーに見えるが、実寸を手持ちの端末で見てみると、厳しいのがわかるハズ

1/13、F1.8、ISO2600。これも拡大はまずしないのであれば耐えるレベル。ディティールの消失はやはり起きているが、色自体は割りとフツー。もう少し明るい町中ならば問題ない

目立つところはないが特に問題のない優等生
サムスン電子「Galaxy S7 edge」

 リアカメラは1200万画素、F値1.7、OISアリ。画素数ではなく、画素ピッチを重視し、1.4μm。「画素ピッチが大きい=それだけ多くの光を取り込める」ため、暗所にも強くなる路線だ。

 今回の暗所テストでは、たしかにその傾向を強く確認できたが、PCで見た場合にノイズが目立った。スマホで見るぶんにはあまり気にはならず、最近のカメラ事情からすると問題は少ないだろう。

1/10、F1.7、ISO1000。先述のAXON 7と比べると差が段違いである。写真中央部を見るだけでもよくわかり、AXON 7以外のデータとも見比べても楽しい

1/10、F1.7、ISO400。およそ見たままの色合いで、ディティールもしっかりと残っている。ISO400で済んでいる点が大きい

明るさ次第では夜景もいける
アップル「iPhone 7 Plus」

 リアカメラは1200万画素、F値1.8(ワイドレンズ側)、OISアリ。Galaxy S7 edgeと同じく、画素ピッチ重点で、1.22μm。なのだが、レインボーブリッジの写りがあまりにもよくない。交差点の写真については、ノイズも少なく良好なのだが、その分、シャッター速度が遅く、静物はいいが人の撮影はとても厳しい。

 なお、望遠側のテストをカットしているのは、この状況だとワイドレンズ側でデジタルズームが強制的に実行されるため。

1/15、F1.8、ISO1600。なにかと厳しい絵になってしまっている

1/4、F1.8、ISO125。手持ちでもブレないOISの性能は良しであるが、動体はもれなくぶれる勢いのシャッター速度になる。これくらいの明るさであれば、夜間撮影には向いている

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン