このページの本文へ

PLEX「PX-Q3U4」

最大8チャンネル同時録画ができるプレクス製チューナーに新モデル誕生

2017年02月03日 22時49分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プレクスから、最大8チャンネルの同時録画が可能な外付けチューナー「PX-Q3U4」が発売された。新たにLinux対応をうたうのが特徴だ。

最大8チャンネルの同時録画が可能な外付けチューナー「PX-Q3U4」

 「PX-Q3U4」は、地デジチューナー×4基、BS/CSデジタル放送チューナー×4基を搭載したUSB2.0対応の外付けチューナー。従来モデル「PX-W3U4」から基本スペックに変更はないが、新たにLinux対応をうたうのがポイント。ただし、現時点ではLinux向けドライバーは公開されていない(Windows10/8.1/8/7 64/32bit用ドライバーは公開中)。

 

新たにLinux対応をうたうものの、現時点ではLinux向けドライバーは公開されていない

 そのほか、アンテナ線の分配回路により、8つの放送波をわずか2本のアンテナ線で配線可能。また接触型ICカードリーダーを内蔵するが、B-CASカードは付属しないなど「玄人向けのチューナー」(販売ショップ)である点も従来通りとなっている。

 価格は2万7593円。TSUKUMO eX.で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中