このページの本文へ

DSDS対応に5000mAhバッテリー、ウワサのFREETEL「RAIJIN(雷神)」を一足先にチェック!

2017年01月29日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 税抜2万9800円の価格ながら、非常に強力な性能で話題になっているFREETEL「RAIJIN(雷神)」。FREETELのオンラインショップではすでに一次出荷分は完売という人気の1台だが、発売前に実機を入手できたので、UIも含めて簡単にチェックした。

来週発売のウワサのスマホ、FREETEL「RAIJIN(雷神)」

4GB RAMに64GBストレージ、DSDS対応にAndroid 7.0も
シンプルなシルバーの外観が好印象

 まずはあらためてスペックから。ディスプレーはフルHD解像度(1080×1920ドット)の5.5型液晶、CPUはオクタコアのMediaTek製「MT6750T」(1.5GHz+1GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、16メガカメラ(イン8メガ)、5000mAhバッテリー、タッチ式指紋センサーなど。メモリーとストレージがこの価格帯としては大容量。また大型バッテリーで待受時間は約24日間をうたう。OSが最初からAndroid 7.0なのもうれしい。

シンプルなシルバーの背面

Cortex-A53ベースの8コアとミドルクラスの標準的な性能か。AnTuTuのスコアは普通に試した限りは4万点台半ばといったところだった

 ネットワーク面でも、以前のFREETEL端末から強化されており、たとえばLTEの対応バンドは1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B。ドコモ系SIMはもちろん、米国や欧州、アジア圏など、世界のかなり広い範囲でLTEでの接続が可能になった。また、4G+3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ、2波のキャリアアグリゲーションにも対応している。

DSDSにも対応するが、nanoSIM側はmicroSDとの排他仕様。「4G+」の表示はキャリアアグリゲーションでの接続を意味していると思われる

 今回の試用機はシルバーのカラバリで、デザインはシンプルながら、端末の作りはしっかりしている。以前の発表会でのデモ機にはあったヘアライン風塗装は製品版にはなく、背面は単色のシルバーに。素材自体はプラスチックながら、シンプルなシルバーの組み合わせもよく好印象。側面はメタルフレームで、ダイヤモンドカットが施されている。5000mAhという大容量のバッテリーを搭載するものの、厚みは8.7mm。背面側が若干膨れているが、分厚さを意識することはあまりない。

素材はプラスチックだが、そうは感じさせない塗装。指紋センサーはタッチ式で便利

側面はメタルフレーム。厚みや重量感を感じないわけではないが、5000mAhバッテリーの利便性を考えれば許容範囲だろう

前面下部のメインのキーは左右を入替可能

USB端子はtype-C。純正のケースやガラスフィルムなども用意される

 独自UIの「FREETEL UI」が、2.0にバージョンアップした点もアピールポイントだ。常にショートカットボタンが表示され、タップするとスマホの基本機能にアクセス可能な「FREETEL Key」、自由に画面を切り取り可能なスクリーンショット機能、プレフィックス番号を自動で追加可能な通話アプリなどが、独自機能の代表格。

独自のホームUIから、通常のAndroidのUIに戻すのも簡単

FREETEL Keyは常時表示されるショートカットボタン。場所を移動したり、長押しで表示を消すことも可能(通知領域から元に戻せる)。ここから画面を切り出してのキャプチャーもできる

 ただし、FREETEL UIと通常のUIは設定から簡単に切り替えられたり、通話アプリで自動で追加されるプレフィックス番号はカスタマイズできたりと、ユーザーを縛らないという部分も同様に重視しているとのことだ。

プレフィックス型電話サービスを利用するためのメニューが標準の通話アプリに一体化。「FREETELでんわ」という表示だが、実際にはプレフィックス番号は自由に変更できるので、他社の通話定額サービスなどを利用していても問題ないのはうれしい点

 発売日は当初予定の1月27日から、少し遅れた2月1日(マットネイビーのみ9日)。前述のようにFREETEL公式ショップでは初回生産分はすでに完売。旧正月の関係もあり、次回出荷は2月末という。量販店などでは予約を受け付けているケースもあるのでチェックしてほしい。


FREETEL「SAMURAI RAIJIN(雷神)」の主なスペック
ディスプレー 5.5型IPS液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 76×153×8.7mm
重量 約183g
CPU MediaTek MT6750T
1.5GHz+1GHz(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
対応ネットワーク LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS(4G+3G)
CA対応 ○(2CC CA)
OS Android 7.0
カメラ画素数 リア:16メガ(F値2.0)
/イン:8メガ(F値2.0)
バッテリー容量 5000mAh
指紋センサー
SIM形状 micro+nanoSIM
USB端子 Type-C
カラバリ シルバー、マットブラック、マットネイビー
価格(税抜) 2万9800円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン