このページの本文へ

カオスで怪しげな“アキバの雑貨屋さん” 「三月兎」が近く閉店

2017年01月27日 09時59分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 古きよきアキバな雰囲気を残す、ジャンク通りの雑貨店三月兎3号店が近く閉店する。複数営業していた系列店もすでに閉店しており、三月兎として営業している店舗は同店で最後。店頭では実質的な閉店セールが実施中だ。

アキバを代表する電脳雑貨店「三月兎」がもうすぐ閉店する。具体的な告知は出されていないが、店内では実質的な閉店セールが実施中だ

 最盛期には、キャプチャーカードの「PT」シリーズ販売や同人ハードウェアなどで話題を集めたアキバの名物店の一つ。複数の系列店を運営していたが、2015年9月には三月兎2号店が1号店に統合される形で閉店。その1号店も、パーツ通りのさんげっと店と合わせ昨年10月末で閉店しており、現時点ではジャンク通りの3号店のみが営業を行なっている。

 店頭では年末年始を挟んで店内在庫の処分セールが行なわれており、ショップによれば「在庫を売り切り次第、閉店する」とのこと。同時にウェブ通販も終了する予定だ。各種アイテムも大幅値引きで販売されているとあって、すでに店内は品薄気味。日常的に通っていた常連も、かつてのなじみ客も、同店で買い物ができるのは、もうすぐおしまいになりそうだ。

フロア中心のワゴンセールをはじめ、店中のアイテムが大幅値引きで販売中。日を追うごとに棚にも空きが目立っており、もうすぐ閉店となる見込みだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン