このページの本文へ

NTTグループのAI技術「Corevo」を活用

ドコモの自然対話を実現するネコ型AIロボット、年内提供へ

2017年01月26日 16時46分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユピテルとNTTドコモは1月26日、ユピテルが開発・販売する車載器やロボット型端末などに、ドコモのAI・IoTの技術を活用し共同で商品開発やサービス提供に向けた検討を推進することに合意した。協業の第1弾として対話型AIロボットを共同開発し、2017年中の提供をめざすことを発表した。

 対話型AIロボットは、人工知能で自然対話を実現するNTTグループのAI技術「Corevo」の自然対話プラットフォーム技術を活用しており、対話の内容を理解するだけではなく、顔を識別してユーザーの趣味嗜好に合わせた内容で対話する。雑談対話や内容に応じた声色の変化も可能で、搭載しているディスプレーでは対話内容をチャット形式で表示する。

 対話型AIロボットのサイズは幅160×奥行き140×高さ240mmで、重量はおよそ330g。4型タッチディスプレー搭載で、電源はACアダプター DC5V。通信はIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)を採用。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン