このページの本文へ

サイズ「MONOCHROME-GAMING」

ブルーLEDで光るホワイトカバー装備の安価なCPUクーラー

2017年01月18日 23時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ブルーLEDで発光するトップフロータイプのCPUクーラー「MONOCHROME-GAMING」がサイズから登場。20日(金)から販売が始まる。

ブルーLEDで発光するトップフロータイプのCPUクーラー「MONOCHROME-GAMING」。実際見たところ、なかなか派手に光る印象

 この製品は、メッシュパネル装備のホワイトカバーとブルーLEDで発光する120mmファンを搭載するCPUクーラーの新製品。TDP 65Wまでのインテル製CPU専用モデルで、対応ソケットはLGA 1156/1155/1150/1151。また、付属のプラスチック製ナットを使い、マザーボード裏面から固定するだけの簡単設計も特徴だ。

メッシュパネル装備のホワイトカバーを備える変わったデザインもポイント。ホワイトカラーのマザーボードに合うかもしれない

 そのほか、120mmファンの回転数は800~1600rpm、風量最大56CFM、ノイズ最大23.5dBA。全体サイズは126(W)×126(D)×80(H)mm、重量340g。

取り付けはプッシュピンやバックプレートが不要とお手軽。スペックほほぼ純正並みといったところか

 サンプルが入荷しているドスパラ パーツ館によると予価は1280円(税抜)。CPU付属の純正CPUクーラーでは物足りないという人はチェックしておこう。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中