このページの本文へ

野暮ったいスマートメガネを終わらせるかもしれない新機構「neoplug」発表へ

2017年01月16日 15時35分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

機構のイメージ

 ボストンクラブは1月16日、ウェアラブル総合展示会「第3回ウェアラブルEXPO」(1月18~20日・東京ビッグサイト)でウェアラブルメガネの機構「neoplug」を展示すると発表した。

 眼鏡とデバイスを連結させる機構。眼鏡フレーム製作者とウェアラブルデバイス開発者向けに開発したもので、従来のスマートグラスと比べて、メガネメーカーがフレームデザインを、デバイスの開発者がデバイス側を開発し、組み合わせられるメリットがある。同社では、双方が「neoplug」を利用することで、TPOに合わせた眼鏡フレームデザインと、用途に合わせたデバイスの自由な選択が可能になるとしている。

 今後はジョイント部分をハブとしたプラットフォーム化構想を広め、企画として標準化することを目指す。

開催概要

日時:2017年1月18日〜20日 10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト 西ホール
公式サイト:http://www.wearable-expo.jp/

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ