このページの本文へ

日産自動車の車両を活用し無人運転サービスの実現を目指す

DeNA、2020年の無人運転による交通サービスに向け基盤づくり

2017年01月06日 19時56分更新

文● 橋本

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ディー・エヌ・エーは1月6日、日産自動車が製造する自動運転車両を活用した交通サービスの、プラットフォーム開発決定を発表した。

 取り組みの第一歩として、2017年内に日産製の自動運転車両を用いた実証実験を日本国内で開始し、2020年までに無人運転による交通サービスプラットフォームのビジネスモデルなどを検証するという。

 なお、サービスプラットフォーム開発の具体的な計画や実証実験の詳細は協議の上、実証実験開始前に公表する予定。

 同社は、インターネットサービス部分の設計・運営や自治体との調整・連携をしていく予定だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン