このページの本文へ

Snapdragonを搭載したWindows 10 PCは2017年に発売

クアルコム、 次世代SnapdragonプロセッサーがWindows 10に完全対応へ

2016年12月08日 15時59分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クアルコムは12月8日(現地時間)、Qualcomm Snapdragonプロセッサー搭載コンピューティングデバイスでのWindows 10のサポートを発表した。

 マイクロソフトのWindows Hardware Engineering Community (WinHEC)イベントにおいて、次世代Qualcomm Snapdragonプロセッサー搭載のモバイルコンピューティングデバイスでWindows 10を完全サポートすると発表。モバイル、省電力、常時接続のセルラーPCデバイスを可能にするとしている。

 Windows 10のエコシステムとの互換性をフルにサポートし、Windowsのハードウェア開発者はモビリティ・クラウドコンピューティングを提供する次世代のフォームファクターのデバイスを開発することが可能になる。

 次世代のSnapdragonプロセッサーを搭載したWindows 10 PCはAdobe Photoshop、Microsoft Office、Windows 10ゲームタイトルを含むx86 Win32とユニバーサルWindowsアプリケーションをサポートする。なお、搭載PCは2017年に発売される見込みだという。

お詫びと訂正:初出時、写真に誤りがございましたので訂正いたしました。(2016年12月9日)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン