このページの本文へ

危険状況の高精度な認識が可能

NEC、音で犯罪・事故を検知する「音状況認識技術」を開発

2016年11月28日 13時00分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つとして、音で今起きている状況を認識できる「音状況認識技術」を開発したと発表した。

 従来の技術は、個々の環境で目的音を大量に学習することで検知を行なってきた。しかし、広い範囲から目的音を検知する際、多くの環境雑音が混入するため、遠くで発生した小さな目的音の検知感度が低下したり、目的音を個々の環境ごとに学習させる必要があるなど、未知の環境への導入が難しいといった課題があった。

 この音状況認識技術には、構成音抽出技術と事象判別技術が活用されている。

 構成音抽出技術は、「ガラスが割れた」という事象で発生する音の場「ガシャン」「バリン」「パリン」など、環境によって音が変わる。構成音抽出技術はマイクで収集した音を、あらかじめ学習していた音の成分は「ガ」や「シャ」、「バ」や「パ」など環境の違いに影響しない細かな構成音に分け、学習させていない未知の音の成分は環境雑音に分類する。これにより環境雑音の影響を受けることなく、高精度な構成音の抽出を実現したという。

 事象判別技術は、環境の違いに影響しない構成音「ガ」や「シャ」、「バ」や「パ」などの組み合わせを事象パターンとしてあらかじめ学習する。構成音抽出技術で高精度に抽出した構成音と照合することで、目的とする事象の有無を判別できる。これらにより、環境雑音が多く存在する広い範囲でも、小さな音を逃さず高感度に検知でき、目的音を環境ごとに学習させる必要がなく、未知の環境への容易な導入が可能になる。

 NECは音状況認識技術により、公共施設や観光地における犯罪・事故の検知や、高齢者宅の見守りなどさまざまな環境における危険状況の高精度な認識を実現するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン