このページの本文へ

毎分45枚の高速スキャンや多彩な機能で業務をサポート

キヤノン、PCレスでデータ共有・管理ができる法人向けスキャナー「ScanFront 400」

2016年11月28日 13時00分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンマーケティングジャパンは11月28日、「imageFORMULA(イメージフォーミュラ)」シリーズの新製品としてキヤノン電子製のネットワークスキャナー「ScanFront(スキャンフロント) 400」を発表した。発売日は12月1日で、価格は24万6240円。

 ネットワーク経由によりPCレスでスキャンデータのメール送信や共有フォルダーへの保存、ファクス送信、プリンター出力などのデータ転送が可能だ。おもに紙文書の取り扱いの多い金融機関や医療機関、官公庁、流通業の文書の電子化と情報共有などのニーズに対応する。

 

 スキャン性能は、カラー・モノクロいずれも毎分45枚の高速スキャンを実現。表裏面を同時に読み取る「1パス両面スキャン」に対応し、多様なビジネス文書の電子化と情報共有が可能になる。

 また、「用紙サイズ自動検知」や「斜行補正」機能により、原稿サイズや画像の傾きを検知・補正。「白紙スキップ」「文字向き検知」機能なども備えている。原稿が複数枚重なって搬送されても「超音波重送検知センサー」により、検知や搬送ミスを防ぐという。

 ネットワーク管理者が、複数台設置された本機の設定・登録情報を一括管理できる「ScanFront Administration Tool」を用意している。ソフトウェアのバージョンアップ、デバイスやユーザー設定のバックアップが可能になる。これにより、オフィス内の組織変更や配置替えにも柔軟に対応しやすくなるという。

ScanFront 400
操作パネルタッチパネル式10.1型WSVGA液晶パネル
読取原稿サイズ幅50~216×長さ54~356mm
積載枚数A4サイズ以下の原稿60枚、A4サイズを超える原稿40枚
読取センサーCIS
読取面片面/両面
読取モード白黒、文字強調、誤差拡散、256階調グレースケール、24bitカラー、カラー白黒検知
光学解像度600dpi
出力解像度100×100dpi、150×150dpi、200×200dpi、240×240dpi、300×300dpi、400×400dpi、600×600dpi
インタフェースLAN 10Base-T/100BaseTX/1000Base-Tコネクター、USB 2.0×3(USBメモリー・ キーボード・マウス用)
ドロップアウトカラー赤、青、緑(強調モードあり)
電源100V(50/60Hz)
サイズ給紙トレイ閉状態で幅305×奥行き282×高さ230mm、給紙トレイ開状態で幅305×奥行き629×高さ366mm
重量およそ4.5kg

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ