このページの本文へ

高級ヘッドフォンで使われるウッド振動板をより身近に

JVC、木の振動板を採用するハイレゾ対応インナーヘッドフォン「HA-FW7」

2016年11月22日 21時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
木の風合いを活かしたハウジングを採用する「HA-FW7」

 JVCケンウッドは11月22日、木の振動板を使用したウッドシリーズの新製品として、インナーイヤーヘッドフォン「HA-FW7」を発表。12月上旬に発売する。

 木の振動板を独自加工で50μmに薄型化した新開発8.5mmウッドドーム振動板、自然木の風合いを活かしたハウジングを採用。ウッドハウジング内部には高剛性アルミインナーハウジングを採用するなどで繊細かつ高品質なサウンドを実現。

3種類のボディカラーがラインナップされる 

 プラグは3.5mm金メッキL型ステレオプラグ。XS/S/M/Lの4種類のイヤーピースが付属。重量は約6g(ケーブル含まず)。ボディカラーはホワイト、ブラック、ブラウンの3種が用意される。予想実売は1万6200円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン